歯周病は京都長岡京市の坂根歯科診療所へ
HOME>矯正治療の種類

矯正治療の種類

矯正治療の種類
スピード矯正とは・・・

スピード矯正とは、通常の歯列矯正の期間に比べ、大幅に治療期間を短縮した治療法を指します。

通常だと、矯正装置を2年間装着することになりますが、スピード矯正では半分の1年間、場合によっては半年未満で矯正を終えてしまうこともあります。もちろん、歯並びに個人差がある分、治療期間にも差はありますので、ご希望の方で条件に合う方にお勧めしています。

スピード矯正の種類とメリット・・・

スピード矯正と呼ばれるものには、他の治療法を併用するものと、装置自体が特殊なものの2種類に分類されます。他の治療法を併用するものに“コルチコトミー、オステオトミー併用矯正”というものが挙げられます。こちらは、歯を支える骨の部分に切れ目をつくることで、歯を動きやすい状態にするというものです。

歯そのものへの負担が減る分、反動で戻ってしまうリスクも減る点がメリットと言えます。

装置自体が特殊なものに“デーモンシステム”があります。最新の装置と、コントロールされた治療により、弱い力で歯を動かすことができるようになったというものです。弱い力ということは、それだけ痛みも軽減されるので、そのような点もメリットといえます。

スピード矯正を受けるにあたり・・・

スピード矯正は、現段階では限られた歯科医院でしか受けられないというのが現状です。

最新の矯正治療ということもあり、症例も限られているので、しっかりと医院を選ぶことが大切です。

ブライダル矯正とは・・・

ブライダル矯正とは、結婚式当日をゴールとして、歯並びの目立つ部分を優先的に整える短期矯正プログラムのことを言います。もちろん、その後も矯正治療を続けることも可能です。いざ、結婚式を迎えると、多くの方に会うこととなりますし、写真を撮られる機会が非常に多いのです。
たった一度の人生の大切な日に笑顔に自信が持てないのは、大変残念なことです。
ブライダル矯正は結婚式まで数ヶ月前あれば、十分に印象を変えることができます。もし結婚式が近ければ、一度考えてみるのはいかがですか?

ブライダル矯正の種類・・・

ブライダル矯正の種類には、いつでも取り外せるマウスピース矯正、結婚式イベント期間中のみ外す表側矯正、そもそも装置が見えない裏側矯正がございます。結婚式期間以外も、取り外しが可能な点がマウスピース矯正のメリットです。表側矯正は準備期間が短く、すぐに治療を開始できるので、短期間で成果が見えやすい点がメリットです。
裏側矯正は、矯正していることが一切分からないくらい自然な点がメリットです。ブライダル矯正を期間限定の治療という考え方をすると、表側矯正が最も選択肢が広く、価格的にも安価なものも選べるので、一般的です。

ブライダル矯正を受けるにあたり・・・

ブライダル矯正とは、あくまで矯正治療に一時的なゴールを定めたものに過ぎません。最終的には、きちんと矯正治療を完了させることが大切です。それぞれの医院で矯正の方法、方針も異なるので、ご自身で納得された上で医院を選び、治療をされることが大切です。

舌側矯正とは・・・

舌側矯正裏側矯正)とは、従来は歯の表側につける装置を、歯の裏側につけることで矯正装置が見えないようにし、人に矯正していることを知られずに治療を進められる歯列矯正方法です。
特に女性に人気の治療法で、その中でも人前に立つことの多いモデルの方や、接客関係の仕事をされている方が、裏側矯正を選ばれています。装置が見えないという特性を生かして、ウエディングに向けて開始される方もいらっしゃいます。


ブライダル矯正のメリット・デメリット・・・

舌側矯正裏側矯正)の最大のメリットは何と言っても、裏側にあることで見えにくいという、審美性と言えます。表に装置がない分、厚みが出ることもなく、人に気づかれずに治療を行えるので、気兼ねなく開始できます。また、歯の動いたことが確認しやすいという異なるメリットもあります。

 しいてデメリットをあげるとすれば、高度な技術を要するために、費用が割高になることが多く、完治までの期間も長めになることが通常です。また、裏側の装置は舌と当たるために、慣れるまでの期間は少し発音しにくい点もデメリットと言えます。

舌側矯正を受けるにあたり・・・

舌側矯正裏側矯正)は、ここ数年で急速に認知されて、一般的な矯正治療法となってきました。しかし、装置や、方法などは医院によって異なるので、認定医のいる、医院を選ばれることをお勧めします。





非抜歯矯正とは・・・

非抜歯矯正とは、簡単に言うと“歯を抜かない”歯列矯正の手段です。昔から、矯正の常識として、当然のように抜歯が行われてきました。しかし、よく考えてみると健康な歯を残すことと、歯並びを整えることの重要性は同じと言えるわけですので、抜かなくて済むなら、抜かないほうがいいに決まっています。
歯を抜きたくないから、矯正治療を控えているという人も多いはずです。その根本を見直し、改めて歯を抜かない矯正治療法を見直していく過程で、今の非抜歯矯正が誕生しました。

 


非抜歯矯正のメリット・デメリット・・・
非抜歯矯正のメリットとして、まず健康な歯を少しでも多く残すことできる点と言えます。特に、永久歯に関しては抜いてしまうと、一生、生えてくることはありません。いくら歯並びを整えるためとはいえ、さすがに健康な歯を抜かれて気分が良い方はいないと思います。抜歯には痛みを伴うので、それをせずに済むという意味でも、メリットと言えます。



非抜歯矯正を受けるにあたり・・・
非抜歯矯正は確かなメリットがありますが、すべての医院で、歯を抜かない矯正を勧められるわけではありません。
方針により、歯を抜く治療を勧める医院もあれば、患者様の状態により、非抜歯では時間がかかってしまう場合もあります。きちんと納得したうえで、治療を受ける医院を選びましょう。



マウスピース矯正・・・

マウスピース矯正は、最近の10年間で登場した比較的新しい分野の矯正治療法です。最新の技術を用いて、コンピュータ上でシュミレーションしながらオーダーメードのマウスピースを製作します。治療段階に合わせて交換していくことで、歯を移動させていく矯正方法です。極めて満足度の高い治療として注目を集めています。


マウスピース矯正のメリット・デメリット・・・

マウスピース矯正のメリットは、透明なマウスピースにより、ほとんど目立たず審美性を確保できる点、

取り外せる便利さにあります。取り外せることで、歯を磨きやすくなり、虫歯になりにくい点もメリットといえます。また、目立たないというだけなら裏側矯正などもありますが、マウスピース矯正には発音の問題はないですし、ワイヤーを入れないことで、口腔内を傷つける心配がないので、その点も改善されたメリットです。
もしデメリットをあげるとしたら、大きく歯を動かすような症例には向かない点、費用が少し割高な点、外せる分だけ本人の意思に頼る部分が多い点、などがあげられます。


マウスピース矯正を受けるにあたり・・・

マウスピース矯正は、メリットとデメリットがハッキリしている分、選ぶ患者様に委ねられる部分が大きい治療法です。目的をしっかり考えたうえで、条件があうのかどうか、医師に、しっかりと相談し判断されることをお勧めします。


問い合わせ