歯周病は京都長岡京市の坂根歯科診療所へ
HOME>定期健診のすすめ

定期健診のすすめ

早期発見、早期治療

いったん治療が完了した患者さんでも、歯周病の再発がないとは言い切れません。歯は消耗品ですし、お食事や夜間の歯ぎしりなどで咬み合わせは日々変 化をしていきます。
また、歯ブラシで100%磨き残しがないことなど不可能なことです。ではどうしたら歯周病の再発を防ぐことができるのでしょうか?それは、早期発見、早期治療ということにつきるのではないでしょうか。

歯石は一度取り除いても、プラーク再付着後4カ月でまたかたい歯石になってしまうのが事実です。従来の、痛くなったら歯科医院に行くというスタイルではなく、症状とは関係なく定期的に歯科医院を訪れるというスタイルへの変換が必要なのです。
同じ体の一部として比較してみると、美容室はどのくらいの間隔で行かれる方が多いのでしょうか。ひと月に一回の方から、長くても3カ月に一回は行かれるのではないでしょうか。
これほど歯と髪では皆さんの意識が違うのです。

永久歯は一度抜けてしまったら髪と違ってもう二度と生えてこない貴重なものですから、その寿命を永らえるためにも定期検診をお勧めいたします。
日々のプラークコントロールが基本にはなりますが、ひとりで抱え込まずに、磨き残した部分は我われによるプロフェッショナルケアにおまかせいただき、咬み合わせのチェックにいたるまで全てをサポートさせていただきます。

治療完了はゴールではなく、安定した口腔内へのスタートとお考えください。

問い合わせ