歯周病は京都長岡京市の坂根歯科診療所へ
HOME>理事長ブログ

理事長ブログ

開業25周年
1988年11月10日、長岡京市開田2-14-18にて、坂根歯科診療所を開業しました。

今から、25年前です。受付一人、アシスタント一人、そして私の3人でのスタートでした。歯科のチェアーは3台でしたが、私にとっては、大きな大きなスタートでした。開業に際しては、私の家族、オーナーの小田様、モリタはじめ多くの歯科関係の方にお世話になりました。

一年後に、歯科チェアーが4台になり、11年後に、オーナーの小田様に御理解いただき24坪から36坪に拡張するとともに、歯科チェアーを6台にすることが出来ました。とてもうれしかったのをよく覚えています。その後、駅前再開発の話が持ち上がり、一年2か月の借りテナントを経て、2007年5月1日に現在のバンビオ2番館1階に移転しました。

以前、診療所があった場所は、長岡京市駅前再開発にて、道路と歩道になっています。ここに、西国街道を示し、桓武天皇と刻んである石碑が立っていますが、ちょうど以前の診療所の玄関あたりになります。
今の診療所の西国街道を挟んで斜め前です。多くの患者さんに来ていただき、スタッフも増えた、25周年ですが、石碑を見るたびに初心に帰りたいと思いますので、宜しくお願いいたします。
投稿者 坂根歯科診療所① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
卒後研修制度について
私の頃は、大学に6年通い、国家試験に合格すれば歯科医師になれたのですが、今の先生方はそうではありません。国家試験合格後、1年間の研修を受けなければなりません。
国から卒後研修施設として認可された、大学あるいは開業医の診療所で、臨床を学ぶのです。4月より、武田先生と竹内先生が来られています。
二人とも、背が高く、ハンサムです。その上、勉強熱心です。朝、8時30分から、毎日、診療がスタートする10時まで一緒に勉強しています。まだまだ、新しい発見があります。
若い先生と仕事ができることに、感謝しています。この制度を卒後臨床研修制度といいます。改めて、人に教えるとは、自分が学ぶことだと思っている今日この頃です。

投稿者 坂根歯科診療所① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2月10日
昨年より、京都音羽病院より、歯科口腔外科の先生、横尾先生と小田原先生に来ていただいております。
音羽病院歯科は全国的に顎変形症の治療で、とても有名な病院です。横尾先生は北海道から、小田原先生は東京から来られています。研究熱心な2人に大きな刺激を受けています。
投稿者 坂根歯科診療所① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
1月17日 坂根歯科インプラントセンターオープン
2013年1月17日インプラントセンターをオープンいたしました。
ドクター・スタッフの、みなさんには随分お世話になりました。感謝いたします。
今後はこれまだ以上に、恵まれた環境で、インプラント並びに審美歯科ができますので、さらに精進していきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。
投稿者 坂根歯科診療所① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2012年

今年も、暮れようとしています。みなさんにとって、どんな、年だったでしょうか。
私にとっては、あわただしい、一年でした。しかし、多くの方のおかげで、来年、1月17日に坂根歯科インプラントセンターを設立することが出来そうです。
2013年、皆様にとって、良い年でありますこと、お祈り申し上げます。
坂根歯科のスタッフのみなさん。今年も、ありがとうございました。

投稿者 坂根歯科診療所① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
1